100-400ISの部屋
eoskissd.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 27日
★   今さらながら、EFs55-250mmF4-5.6IS を購入

今さらながら、EFs55-250mmF4-5.6IS II型を購入しました。

ちょっと前まではこのレンズの印象は、スマホ・携帯やコンデジからのステップアップや
パパママカメラマンの初一眼の最初の望遠(ダブルズームキット)用のセットのレンズで、
フルタイムマニュアルが使えないし、レンズが伸びて前玉は回転するし、USMでもないので、
初心者用のレンズとして、まったく気にも留めていなかったです。 (^^;)

きっかけは今年になってから普段常用していたタムロン18-270mmVRの望遠側のピントが、
去年と比べてなんとなく合いにくいような気がして、安い望遠レンズを考えていたら、
このレンズにたどり着き購入することにしました。

まあ18-270mmは高倍率の便利ズームなので画質云々は二の次なのはわかっているのですが、
去年と比べて望遠で使う時に、なんとなくピントが合いにくいような感じがして、
それかピントが合いにくい被写体だったのか?わかりませんが、ちょっと疑問が起きてきました。

一応、レンズ購入の第一候補は、
タムロンSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) 約3万4千円。でしたが・・・

以下レンズ選びについて、自分の記録簿として書き留めておきます。


ブログ村 写真ブログ




このレンズを購入するまでのレンズ選択の経過は、
タムロンSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) 約3万4千円。このレンズが第一候補。
300mmクラスのズームレンズでは安く、以前このレンズの発売後のレポート記事か何かで、
キヤノンEF70-300mmF4-5.6L IS USM  約12万円にそれほど引けを取らないという記事を見たので、
4倍近い値段の差があるので、コスパではタムロン70-300mmVCかなと思っていました。
ただ最近レンズ比較サイトを見たら、だいぶキヤノンのLレンズの方が写りが良かったので、
タムロン70-300mmの購入候補を一旦保留することに。

ここからレンズ選びは2パターンに、
1. EF100-40mmF4.5-5.6を下取りに出して、画質優先の高級レンズ。
2. EF100-40mmF4.5-5.6を残して、追加に3万円程度のレンズ。

1. の高級レンズの中から選択だと
EF70-300mmF4-5.6L 約12万円 ISは良くなっているが画質が100-400mmから
大きな変化がないので買い替えまでして欲しいとは思わないので却下。
単焦点レンズのEF300mmF4L 約15万5千円、発売が古くISが約2段なので、却下。
EF200mmF2.8やEF70-200mmF2.8ISや同F4.0ISなど、画質は文句なく良いが、
望遠が200mmまでなので、できれば300mmは欲しいところなので却下。
この中ではEF300mmF4L のISが4段分にモデルチェンジしたら欲しい。

2. 値段の安い望遠ズームからだと、
シグマ70-300mm F4-5.6 DG OS  約4万5千円
キヤノンEF70-300mmF4-5.6 IS USM(Lじゃない方) 約5万円
両レンズは、タムロンと画質が変わらなそうなので、タムロンより値段が高いので却下。

中古になるが以前使っていたEF100-300mmF4.5-5.6 USMは、
フルタイムマニュアル(FTM)のフィルター枠非回転ですが、
手ぶれ補正のIS(VSなど)が付いていないので、却下。
お手軽の手持ち撮影ばっかりなのでIS付は必需です。
なので中古流通しているEF75-300mmやEF90-300mmや、
レンズメーカーの新品約1万5千円程度の70-300mmも手ぶれ補正がないので、却下。

で、結局タムロン70-300mmVC しか選択肢が無いのかなあと思っていたら

最近レンズを調べるようになってから、レンズ画像比較サイトで
タム70-300mmとタム18-270mmとEFs55-250mmの画質比較が載っていて、
そのサイトでは望遠側でタム70-300mmよりEFs55-250mmの方が若干よく見えたので、
今まで考えていなかった、EFs55-250mmISを気にするようになりました。
ただEFレンズはフルサイズ用(APS-CもOK)で、EFsレンズはAPS-C専用レンズです。

でEFs55-250mmを検討すると、現行品で、
EFs55-250mmIS II型(2代目) 約3万3千円前後と、
EFs55-250mmIS STM (3代目) 約3万6千円
この2本があり STMの新しい方は動画撮影に向いていて、
静止画撮影でも、フルタイムマニュアル(FTM)やフィルター枠非回転なので、
この値段差ならSTMの方のレンズを選びますが、

なんとEFs55-250mmII型の方には通常販売の他に白箱仕様というのがあり、
値段が約1万5千円と言う、同じレンズなのに半額で販売しているのがありました。
レンズは同じものなのに、値段が半額ということで一気にこのレンズに傾きました。

c0080036_153274.jpg
(白箱に入っているレンズです)

c0080036_161585.jpg
(最近はキヤノン純正レンズの新品購入はあまりなく、手元にある箱は10年以上前に購入したこれしかないので、最近のレンズの箱とは違うかもしれないが・・・)

ちなみに白箱仕様と言うのは、たとえばEOS Kissシリーズとかでダブルズームキットの商品を、
ボディ+18-55mmと55-250mmの2つに分けた商品です。
デジカメの一眼レフの特に入門機には値段のおかしな現象が起きていて、
ちょっと前の機種(現行品)ですが、EOS Kiss X5 を例にとると、
X5 ボディのみ   4万0080円
X5 18-55mm付(レンズキット) 4万4500円
X5 18-55mm+55-250mm付(Wズームキット) 5万6200円
(レンズだけを単品で買うと、18-55mmは2万4732円、55-250mmは通常品は3万円以上)
なので、お店の方でもダブルレンズキットを仕入れて、ボディ+18-55と55-250に分けて、
55-250mmを1万5000円程度で販売しても、損をしないというか儲かる仕組みです。
ダブルズームキット用なので箱は白いですが、中身が同じ(多分)なので、
このレンズを買う場合は白箱仕様を買った方が断然お得です。
(値段は、価格comの最安値など参考にしています)


c0080036_1213672.jpg
(一応レンズキャップが両つまみ式になっている)

EFs55-250mmF4-5.6IS II型 は、他のレンズと比べて、EFsでAPS-C専用とか、
FTMが使えないとか、IFやUSMでは無く、フィルター枠回転や、外観がチープとかありますが、
この値段でIS約4段分の効果なら文句はないでしょう。後は画質が良ければ・・・。
画質のテストは、おいおいやっていこうと思います。
タムロン18-270mmとの比較も出来ればやろうと思います。


いろいろと書きましたが、結局は値段で選んでしまいました。 (^^;)
もしEFs55-250mmがあまり良くなかったとしても、約9千円位で買い取りのお店もあり、
タムロン18-270mmを点検調整に出すとすれば、その間の代用とすることも出来るし。

長文にもかかわらず、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

EFs10-18mmF4.5-5.6IS STM を買う?前なのに・・・


ブログ村 写真ブログ
[PR]
by 100-400IS | 2014-05-27 01:33 | カメラ (MYレポート) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon