100-400ISの部屋
eoskissd.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 08日
★   《花》 寒緋桜 100mmマクロ (振興センター)

今回の花は、寒緋桜です。
カメラは、キヤノン EOS 70D
レンズは、EF100mmF2.8マクロ USM
3月中旬撮影、DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ・強め
画像サイズは750x500
埼玉県川口市 花と緑の振興センターで撮影


c0080036_1292647.jpg
EOS 70D EF100mmマクロ


2015年3月中旬の川口市の花と緑の振興センターシリーズです。

桜(さくら)は、バラ科サクラ属の植物です。
寒緋桜(かんひざくら)は、緋寒桜(ひかんざくら)、緋桜(ひざくら)、
台湾桜(たいわんざくら)、元日桜(がんじつざくら)、などとも呼ばれる。

もとは緋寒(ひかん)桜と呼ばれていたが、彼岸(ひがん)桜と紛らわしいので、
緋寒を寒緋にひっくり返して、寒緋桜にした経緯がある。
旧暦の正月頃に咲くので、元日桜とか。
中国南部から台湾に分布するので、台湾桜や台湾寒緋などと呼ばれる。

沖縄では1月下旬から2月にかけて咲き、沖縄の桜前線の桜はこの桜が基準です。
(染井吉野は沖縄では生育が難しいらしい)
関東でも3月上旬頃から開花する。釣り鐘状の形の花です。

ヒカンザクラの仲間には、寒桜・大寒桜・安行寒桜・河津桜・陽光・熱海早咲など、
大まかかに言うと、染井吉野より早く咲くピンク色の桜はヒカンザクラの系統の可能性が多いです。




ブログ村 写真ブログ
[PR]
by 100-400IS | 2015-04-08 01:31 | 花と緑の振興センター | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon