100-400ISの部屋
eoskissd.exblog.jp
ブログトップ
★   カテゴリ:戸田・道満グリーンパーク( 17 )

2016年 06月 09日

今回の花(植物)は、花菖蒲です。
カメラは、キヤノン IXY160
2016年5月下旬撮影
画像サイズは600x450
埼玉県戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_2341731.jpg


ジオラマ
c0080036_2342784.jpg


c0080036_234366.jpg


c0080036_2344558.jpg


c0080036_2345360.jpg


c0080036_235191.jpg



花菖蒲は、アヤメ科アヤメ属の植物です。

アヤメ類の総称としてハナショウブを、アヤメと呼ぶことが多い。
(アヤメ園やアヤメ祭りなど)
ハナショウブは、ノハナショウブの園芸品種。
菖蒲湯などに使われるショウブは、ショウブ科で別種の植物です。


道満グリーンパークでは、小さいスペースですが花菖蒲が咲きます。


今回はEOS70ではなくIXY160で撮影です。
2枚目からはカメラ機能にある「ジオラマ風撮影」です。
このIXY160は去年の夏に購入して、EOS70Dを持ち歩かない時の、
旅行や記録写真などに何回か程度ですが使用していました。

実は、このIXY160購入してすぐからピントが合わない事が時々ありましたが、
こちらの設定ミスなど使い方を間違えたかとかと思っていましたが、
最近特にピントが合わない事が増えてきたので、そのテストもかねての撮影でした。

その後カメラの挙動をよく見てみると、電源を入れてすぐならピントが合うが、
そのままにして10秒15秒位経つとピントがマクロ機能も使っていないのに、
最短撮影距離にピントが行きすぎて、通常距離のピントに戻らなくなりました。
電源のONとOFFを繰り返してすぐ撮影するとピントが合い大丈夫なのですが、
電源を入れたまま時々撮影するとピンボケ写真の量産になりました。

なぜ今まで気が付かなかったというと、一眼カメラのように多量に連写しなく、
撮影後は電源OFFにして、撮影する時に電源ONにすることが多かったのと、
私は近眼の老眼で遠近両用のメガネを使っているのですが、
カメラの液晶画面のピントあまりよく見ていなく雰囲気で撮影していたから。

カメラのほうは、メーカー保証がまだ1年以内なので修理に出しました。


「IXY160」 スペック
2015年7月31日発売
有効約2,000万画素の1/2.3型CCDセンサー。
映像エンジンはDIGIC4+。
35mm判換算28-224mm相当F3.2-6.9。8倍ズーム。
重量は約128g(電池、カード込み)。



ブログ村 写真ブログ
[PR]
2015年 04月 24日

今回の花は、染井吉野3です。
カメラは、キヤノン EOS 70D
レンズは、EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
2015年3月下旬撮影、
DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ・強め
画像サイズは750x500
埼玉県 戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_039483.jpg
EOS 70D EF-S10-18mmIS

c0080036_0395527.jpg


c0080036_0401574.jpg


桜(さくら)は、バラ科サクラ属の植物です。

染井吉野(そめいよしの)は、バラ科サクラ属の植物です。
染井吉野は、江戸彼岸系の桜と大島桜の交配で出来た桜と考えられている。
日本には400種位桜があるが、日本の桜の70%~80%は染井吉野である。

名前の由来は、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が品種改良した園芸品種で、
当時の、奈良県の桜の名所の「吉野山」にちなんで「吉野桜」と命名されていたが、
吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名だと誤解を招くので、
染井村の名をとり、「染井吉野」という名になったと。

ブログでは3年連続の道満グリーンパークの桜です。



ブログ村 写真ブログ
[PR]
2015年 04月 23日

今回の花は、染井吉野2です。
カメラは、キヤノン EOS 70D
レンズは、タムロン18-270mmF3.5-6.3Di II VC
2015年3月下旬撮影、
DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ・強め
画像サイズは750x500
埼玉県 戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_0431891.jpg
EOS 70D タムロン18-270mmVC

c0080036_0432732.jpg


c0080036_0433784.jpg


桜(さくら)は、バラ科サクラ属の植物です。

染井吉野(そめいよしの)は、バラ科サクラ属の植物です。
染井吉野は、江戸彼岸系の桜と大島桜の交配で出来た桜と考えられている。
日本には400種位桜があるが、日本の桜の70%~80%は染井吉野である。

名前の由来は、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が品種改良した園芸品種で、
当時の、奈良県の桜の名所の「吉野山」にちなんで「吉野桜」と命名されていたが、
吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名だと誤解を招くので、
染井村の名をとり、「染井吉野」という名になったと。

ブログでは3年連続の道満グリーンパークの桜です。



ブログ村 写真ブログ
[PR]
2015年 04月 22日

今回の花は、染井吉野1です。
カメラは、キヤノン EOS 70D
レンズは、タムロン18-270mmF3.5-6.3Di II VC
2015年3月下旬撮影、
DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ・強め
画像サイズは750x500
埼玉県 戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_0384679.jpg
EOS 70D タムロン18-270mmVC

c0080036_0385457.jpg


c0080036_039480.jpg


桜(さくら)は、バラ科サクラ属の植物です。

染井吉野(そめいよしの)は、バラ科サクラ属の植物です。
染井吉野は、江戸彼岸系の桜と大島桜の交配で出来た桜と考えられている。
日本には400種位桜があるが、日本の桜の70~80%は染井吉野である。

名前の由来は、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が品種改良した園芸品種で、
当時の、奈良県の桜の名所の「吉野山」にちなんで「吉野桜」と命名されていたが、
吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名だと誤解を招くので、
染井村の名をとり、「染井吉野」という名になったと。

ブログでは3年連続の道満グリーンパークの桜です。



ブログ村 写真ブログ
[PR]
2014年 06月 17日

今回の花は、花菖蒲2です。
カメラは、キヤノン EOS 40D
レンズは、EF-S55-250mmF4-5.6IS II
6月上旬撮影、DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ・強め
画像サイズは600x400
埼玉県 戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_0534430.jpg
EOS 40D EF-S55-250mmIS

c0080036_0535345.jpg


c0080036_054550.jpg



2014年6月上旬撮影の戸田市の彩湖・道満グリーンパークシリーズ2-2です。

花菖蒲(はなしょうぶ)は、アヤメ科アヤメ属の植物です。

ハナショウブはノハナショウブの園芸品種。
花の色は、白、桃、紫、青、黄など多数あり、
絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれている。

アヤメ類の総称として、ハナショウブをアヤメと呼称する習慣が多く見られる。

菖蒲湯等に使われるショウブは、ショウブ科(古くはサトイモ科)に分類される別種の植物である。


今回は、望遠マクロ風な撮影です。
この55-250mmの最短撮影距離は1.1mで、最大撮影倍率は0.31倍。
今まで使っていた(いる)タムロン18-270mmは、
最短撮影距離49㎝、最大撮影倍率は1:3.5倍表示なので、0.29倍。

このタムロンの場合近寄って撮ることが出来るが、
少し離れているとキヤノンのほうが大きく写すことが出来る。

これらの4倍ズームと、15倍の高倍率ズームの特性の違いは、
メリットでもありデメリットでもある。
花撮影を例にとると、鉢植えの花は高倍率のズームが便利で、
花壇で柵があって少し離れている場合は4倍ズームの方が大きく写ります。



ブログ村 写真ブログ
[PR]
2014年 06月 16日

今回の花は、花菖蒲1です。
カメラは、キヤノン EOS 40D
レンズは、EF-S55-250mmF4-5.6IS II
6月上旬撮影、DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ・強め
画像サイズは600x400
埼玉県 戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_0395128.jpg
EOS 40D EF-S55-250mmIS

c0080036_040031.jpg


c0080036_040795.jpg



2014年6月上旬撮影の戸田市の彩湖・道満グリーンパークシリーズ2-1です。

花菖蒲(はなしょうぶ)は、アヤメ科アヤメ属の植物です。

ハナショウブはノハナショウブの園芸品種。
花の色は、白、桃、紫、青、黄など多数あり、
絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれている。

アヤメ類の総称として、ハナショウブをアヤメと呼称する習慣が多く見られる。

菖蒲湯等に使われるショウブは、ショウブ科(古くはサトイモ科)に分類される別種の植物である。


今回も、EFS55-250mmISのテストを兼ねた撮影です。
道満グリーンパークの一角で、花菖蒲が咲いていました。


サッカー日本代表・・・残念でした。
本田選手が先制点を取った時には勝てると思ったのですが。
金曜日のギリシャ戦では、ぜひとも勝利を。


ブログ村 写真ブログ
[PR]
2014年 04月 18日

今回の花は、染井吉野4です。
カメラは、キヤノン EOS 40D
レンズは、トキナー10-17mmF3.5-4.5魚眼
4月上旬撮影、DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ 強め
画像サイズは900x600
埼玉県 戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_052484.jpg
EOS 40D トキナー10-17mm魚眼

c0080036_0521565.jpg


c0080036_0523694.jpg


2014年4月上旬撮影の戸田市の彩湖・道満グリーンパークシリーズです。

サクラは、バラ科サクラ属の植物です。

染井吉野(そめいよしの)は、バラ科サクラ属の植物です。
染井吉野は、江戸彼岸系の桜と大島桜の交配で出来た桜と考えられている。
日本には400種位桜があるが、日本の桜の70%は染井吉野である。

名前の由来は、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が品種改良した園芸品種で、
当時の、奈良県の桜の名所の「吉野山」にちなんで「吉野桜」と命名されていたが、
吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名だと誤解を招くので、
染井村の名をとり、「染井吉野」という名になったと。

撮影日にはちょうど満開の見頃でした。



ブログ村 写真ブログ
[PR]
2014年 04月 17日

今回の花は、染井吉野3です。
カメラは、キヤノン EOS 40D
レンズは、トキナー10-17mmF3.5-4.5魚眼
4月上旬撮影、DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ 強め
画像サイズは900x600
埼玉県 戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_1124761.jpg
EOS 40D トキナー10-17mm魚眼

c0080036_1125522.jpg


c0080036_113794.jpg



2014年4月上旬撮影の戸田市の彩湖・道満グリーンパークシリーズです。

サクラは、バラ科サクラ属の植物です。

染井吉野(そめいよしの)は、バラ科サクラ属の植物です。
染井吉野は、江戸彼岸系の桜と大島桜の交配で出来た桜と考えられている。
日本には400種位桜があるが、日本の桜の70%は染井吉野である。

名前の由来は、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が品種改良した園芸品種で、
当時の、奈良県の桜の名所の「吉野山」にちなんで「吉野桜」と命名されていたが、
吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名だと誤解を招くので、
染井村の名をとり、「染井吉野」という名になったと。

撮影日にはちょうど満開の見頃でした。



ブログ村 写真ブログ
[PR]
2014年 04月 16日

今回の花は、染井吉野2です。
カメラは、キヤノン EOS 40D
レンズは、タムロン18-270mmF3.5-6.3Di II VC
4月上旬撮影、DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ 強め
画像サイズは900x600
埼玉県 戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_0462628.jpg
EOS 40D タムロン18-270mmVC

c0080036_0463368.jpg


2014年4月上旬撮影の戸田市の彩湖・道満グリーンパークシリーズです。

サクラは、バラ科サクラ属の植物です。

染井吉野(そめいよしの)は、バラ科サクラ属の植物です。
染井吉野は、江戸彼岸系の桜と大島桜の交配で出来た桜と考えられている。
日本には400種位桜があるが、日本の桜の70%は染井吉野である。

名前の由来は、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が品種改良した園芸品種で、
当時の、奈良県の桜の名所の「吉野山」にちなんで「吉野桜」と命名されていたが、
吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名だと誤解を招くので、
染井村の名をとり、「染井吉野」という名になったと。

撮影日にはちょうど満開の見頃でした。



ブログ村 写真ブログ
[PR]
2014年 04月 15日

今回の花は、染井吉野1です。
カメラは、キヤノン EOS 40D
レンズは、タムロン18-270mmF3.5-6.3Di II VC
4月上旬撮影、DPPピクスタは「スタンダード」仕上げ
ホワイトバランスはオート
色の濃さ 強め
画像サイズは900x600
埼玉県 戸田市 彩湖・道満グリーンパークで撮影


c0080036_030145.jpg
EOS 40D タムロン18-270mmVC

c0080036_0302315.jpg


c0080036_0303696.jpg


c0080036_0304588.jpg



2014年4月上旬撮影の戸田市の彩湖・道満グリーンパークシリーズです。

サクラは、バラ科サクラ属の植物です。

染井吉野(そめいよしの)は、バラ科サクラ属の植物です。
染井吉野は、江戸彼岸系の桜と大島桜の交配で出来た桜と考えられている。
日本には400種位桜があるが、日本の桜の70%は染井吉野である。

名前の由来は、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が品種改良した園芸品種で、
当時の、奈良県の桜の名所の「吉野山」にちなんで「吉野桜」と命名されていたが、
吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名だと誤解を招くので、
染井村の名をとり、「染井吉野」という名になったと。

撮影日にはちょうど満開の見頃でした。



ブログ村 写真ブログ
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon