100-400ISの部屋
eoskissd.exblog.jp
ブログトップ
★   <   2014年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2014年 11月 30日

今回の花は、紅葉です。
カメラは、キヤノン EOS 40D
レンズは、EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
11月中旬撮影、DPPの簡易HDR・グラフィック調
ホワイトバランスはオート
色の濃さ・強め
画像サイズは600x400
埼玉県 さいたま市大宮区 大宮第三公園で撮影


c0080036_022229.jpg
EOS 40D EF-S10-18mmIS


2014年11月中旬撮影のさいたま市大宮区の大宮第三公園です。

緑区の吉祥寺で撮影後、大宮第二公園に行く前にこちらにも立ち寄りました。


ブログ村 写真ブログ
[PR]
2014年 11月 28日

今回の花は、紅葉です。
カメラは、キヤノン EOS 40D
レンズは、EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
11月中旬撮影、DPPの簡易HDR・グラフィック調
ホワイトバランスはオート
色の濃さ・強め
画像サイズは600x400
埼玉県 さいたま市緑区 吉祥寺で撮影

c0080036_22203274.jpg
EOS 40D EF-S10-18mmIS


2014年11月中旬撮影のさいたま市緑区の吉祥寺での撮影です。

ここ数年、毎年この時期に撮影に寄らせて貰っているのですが、
大宮第2公園の銀杏が見頃ということで、こちらに先に寄ったのですが、
こちらはまだ少し早かったです。一部の銀杏がまだ緑色をしていました。
コントラストが強烈だったのでHDR処理しました。


ブログ村 写真ブログ
[PR]
2014年 11月 21日

c0080036_12727100.jpg
デジカメWatchより
ソニー、フルサイズミラーレス新モデル「α7 II」
 フルサイズ初のボディ内5軸手ブレ補正

 12月5日に発売。ボディ単体のみ税別19万円前後を見込む。

 フジヤカメラ販売予定価格は、ボディ18万4570円

[PR]
2014年 11月 21日

c0080036_110673.jpg
デジカメWatchより
メーカー直撃インタビュー:伊達淳一のもっともっと知りたい!!
EOS 7D Mark IIで結実したキヤノンのメカ&AF技術
 7D、1DXとの違いや最新のAEシステムも解説

[PR]
2014年 11月 20日

c0080036_0544234.jpg
デジカメWatchより
特別企画 キヤノンEOS 7D Mark IIが絶好調なワケ
 過去最高の予約数!「5年ぶりの大物」にカメラファンの期待高まる


[PR]
2014年 11月 20日

c0080036_0445738.jpg
デジカメWatchより
写真で見る ニコンDfブラックGold Edition
 ゴージャス感をまとった限定モデル


[PR]
2014年 11月 15日

c0080036_0551146.jpg
デジカメWatchより
ニコンDfに、限定1,600台の“Gold Edition”
 発売1周年を記念

 店頭予想価格は、ボディのみ(600台)が税込31万5,000円前後、
 50mm f/1.8G Special Gold Editionキット(1,000セット)が税込33万5,000円前後。

 フジヤカメラ販売予約価格は、ボディ28万1880円、50mm付が30万1320円

[PR]
2014年 11月 14日

c0080036_0282739.jpg
デジカメWatchより
キヤノンDPPが11月発売の新レンズ2本に対応
 EF24-105mm F3.5-5.6とEF400mm F4 DO II

 Digital Photo Professional 4.1.1
 Digital Photo Professional 3.14.45 など
 

[PR]
2014年 11月 13日

c0080036_0523384.jpg
デジカメWatchより
キヤノン、新EF100-400mmの技術説明会を開催
 ルーク・オザワ氏「待ち焦がれた16年」


[PR]
2014年 11月 12日

c0080036_23413537.jpg
デジカメWatchより
キヤノン、「EF 100-400mm」を16年ぶりにリニューアル
 新コーティング採用。最短撮影距離は半減。回転式ズームに

 12月下旬に発売する。価格は税別30万円。
 フジヤカメラでの販売予定価格は26万2240円。


とうとう、EF100-400mmがリニューアルされます。
前々からモデルチェンジの噂が色々と出ていましたがいよいよです。
私のブログなどでのハンドルネームの「100-400IS」の由来のレンズです。
所持しているレンズの中で一番高額なレンズです。 (^^;)

本題に戻しますが、今回のリニューアルで大きな変更点は、
1.IS(手ぶれ補正)が1.5段から4段分に向上。
2.最短撮影距離が1.8mから0.98mの約半分に短縮。
3.画質向上、「EF70-200mmF2.8 L IS II 」と同等画質。
4.ズームが直進式から回転式に

この中で1.2.3.がとても良いですね。
1の手持ち撮影が多いので、ISの効果が強くなるのは大歓迎で、
2の最短撮影距離が短くなるのは、望遠マクロで撮影しやすくなりますし、
3の画質向上は現行の100-400mmは300mm以上だと少し甘い画質と言われていますので。

今回のモデルチェンジ良くなったことばかりですが、販売価格が26万円なので、
お気軽に買い替えというわけにはいきませんが、ちょっと調べてみました。
中野のフジヤカメラでの現行「100-400mmIS」を下取り(買い取り)に出すと、
Aランクが8万3000円、ABランクが8万1000円で、ABランクでしょうから、
26万-8万で18万円。下取り交換だと約17万円位ということになりました。 無理です。

ちなみに新製品の100-400mmIIが26万円で、現行品の100-400mmは20万円です。
私が2000年頃に100-400mmを購入した時には値段を忘れましたが20万円もしなかったはずです。


[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon