100-400ISの部屋
eoskissd.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 30日
★   サッカーW杯 日本対ポーランド

2018 ワールドカップ ロシア大会

グループリーグH組の日本の3戦目(最終戦)は、
日本時間の6月28日(木)23:00に、
FIFAランク8位のポーランドと対戦。
日本のFIFAランクは61位

日本が決勝トーナメントに出場するには、
日本が、勝つか引き分けで、自力で出場決定。

日本が負けても、セネガルが勝てば2位で通過。
セネガルが負けると、得点差次第による。
セネガルが引き分けると、日本は3位になり敗退。


日本は、第1.2戦のスタメンから6人のメンバー入れ替え。

試合結果、日本対ポーランドは、後半59分に失点で、0対1で、ポーランドに負け。
一方の、セネガル対コロンビアは、後半74分にコロンビアの得点で、0対1で、コロンビアの勝ち。

結果、コロンビアが勝ち点6で、1位通過。
日本とセネガルが勝ち点4で並び、得失点も0で並び、
得点も4点で並び、当該チーム同士の対戦は引き分けで、
フェアプレーポイント(反則)の差、日本が4点で、セネガルが6点で、
なんとか日本が2位を死守して、2位通過が決定しました。

(もし反則ポイントも同じなら、抽選(くじ引き)で2位のチームがどちらかに決まる)


何とか2位で決勝トーナメントに出場できますが、
その方法に賛否が出ています。
日本が失点して、0対1で負けているときに、
セネガル対コロンビアが0対0だったので、
このままだと日本が3位になって通過できないので、
日本が得点して同点に追いつくか、
セネガルかコロンビアのどちらかに得点してもらわないと、
日本の2位通過以上が出来ない状況でしたが、
コロンビアが得点して、0対1になったので、
この時点で、コロンビアが1位、日本が2位になりました。
ただ日本が2点目の失点をしたり、セネガルが同点に追いつくと、
日本がまた3位に落ちるので、日本が失点をしない作戦に切り替えました。

それは、残り約10分、攻め込まず、後ろでボールを回し時間を稼ぐ、
0対1で負けても、決勝トーナメントに進むという方法です。
会場からは大ブーイングを浴びながらなんとか試合終了。
2分後、セネガル対コロンビアも0対1のまま試合終了。
これで日本のグループH組の2位通過が決定しました。


決勝トーナメントの第1戦の相手は、ベルギーです。
FIFAランク3位のチームです。
7月2日(月)の、27:00 からです。
(7月3日の午前3時)



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


[PR]
by 100-400IS | 2018-06-30 00:18 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
The Original by Sun&Moon